読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


假屋崎省吾の世界が名古屋城に!

歴史的建築物に挑む「名城」シリーズ

假屋崎省吾の世界展 ~ 百花絢爛 in 名古屋城 ~ と、これまた斬新な個展が行われている。

2016年12月16日~12月25日までの短い期間中の今、運よく名古屋城を訪れ花と建物のコラボレートを見学できたので、紹介したいと思う。

 

名城シリーズの第二弾、松山城に続き今回は名古屋城の再建された本丸御殿である。

豪華な部屋にどのような花がいけられるのか気になるところだ。

 

こちらは、玄関・車寄。

最初に目にするのがここである。

 

f:id:tokiwoirodoru:20161219221016j:plain

 

本丸御殿内へ。 

煌びやかな部屋に飾られたこの立体的な大作は、今までに見たことのないような不思議な空間をつくりだしていた。流木もいい味をだしている。

 

表書院三之間 

f:id:tokiwoirodoru:20161219220938j:plain

 

 

玄関二之間 

まるで、障壁画の虎が飛び出してきたような、迫力と動きのある作品で面白い。

 

f:id:tokiwoirodoru:20161219221050j:plain

 

大廊下 

ここが、個人的に一番気に入っている。

着物もご自身でプロデュースされたものらしい。

 

f:id:tokiwoirodoru:20161219221121j:plain

 

 

f:id:tokiwoirodoru:20161219220950j:plain

 

 

可愛い着物と花の色合いが絶妙で、何と言っても大胆に伸びたこの赤い枝がいい。

 

f:id:tokiwoirodoru:20161219220909j:plain

 

豪華なのは、お花や着物だけではない。

こちらで使われている大花瓶と飾られているお皿もまた然り。

ノリタケの瑞雲鳳凰文、受注生産品である。

下の写真は 「凰」

 

f:id:tokiwoirodoru:20161219221037j:plain

 

なんと大花瓶 1,296,000円 !!

お皿も、鳳と凰 それぞれ 648,000円 !!

3点合計 2,592,000円 !!

(ついお金の計算をしたくなる小市民を許してほしい。)

 

f:id:tokiwoirodoru:20161219233742j:plain

 

「美をつむぎ出す手を持つ人」と評される華道家、假屋崎省吾さん。

テレビや雑誌で幅広く活躍されていて、来年2017年は華道歴35周年なのだそう。

来年1月13日からは、首里城で開催される予定だ。首里城にはどんな世界がつくりだされるのか楽しみである。

 

観たい人は名古屋城本丸御殿へ急げ!!

 

ちなみに入場料は名古屋城への入場500円だけで観られるので、お得感もハンパない。