無意識を切り取る「ライフログカメラ」Narrative Clip2を購入するべきか

一定間隔で自動的に写真を撮影し続けてくれるカメラ

シンプルな角型の小さいカメラ。背面にその名の通りクリップがついているので、服やバッグに装着したり首からぶら下げたりできる。

あとは、自動的に写真を撮影してくれるというわけだ。無意識の写真、自分の目では見逃していたシーンも残してくれる。どうしても写真を撮るときは、自分の意思が入ってしまうので全くの無意識な場面を撮影できるというのは、確実に面白いと思う。

* これは旧モデル。楽天市場にて。

ライフスライスというカメラがあった

もう10年以上も昔のこと。ライフスライスカメラというカメラの存在を知った。それは、2004年に発行された「イラクりょこう日記」という本の中で紹介されていた自動でシャッターを切ってくれるカメラだった。その後、このカメラがずっと印象に残っていたのは、この本自体が”7歳の子供と一緒に出掛けたイラクへの夏休み家族旅行”という突拍子もない話だったということもあるが、何より本に掲載されていた写真にとても面白味を感じたからである。家族3人がそれぞれ旅行中にくびからぶら下げたカメラで撮った(撮れた)写真で、特別なものが写っているわけでもなく、決定的瞬間が撮れたわけでもないが、だからこそ自然のままが切り取られた面白さがあった。

本の最後に、協力:ライフスライス研究所の文字があったので調べてみると、そのサイトから購入できるようだった。ただ詳細を見ていて気が付いてしまったのが、当時私が使っていたパソコンが古すぎて、そのカメラに対応していなっかったのだ。

よく出歩いていた時期だったので、是非とも欲しいと思ってはいたもののパソコンを買い替えるまで待とうかなどと考えていたら、いつの間にかその存在がなくなってしまっていた。その後も時々「ライフスライスカメラ」で検索していたが再び出会えることはなかったのだ。

 

Narrative Clip2

そんなライフスライスカメラを思わせるカメラを見つけた。

スウェーデン発のNarrative Clipはクラウドファンディングで誕生したものだ。そして、新モデルのNarrative Clip2は2015年に予約販売が開始されていた。日本には2016年になって1年越しでようやく届いた という報告が多々見られるので、現在は待ちに待った人達が楽しんで使っているのだろう。

 

f:id:tokiwoirodoru:20160704184240j:plain

Narrative

http://getnarrative.com/

 

*メモリ 8GB

*画素数 約800万画素

*画角 86度

*GPS搭載

*撮影間隔 10~120秒で設定可能

*動画にも対応

*バッテリー 30時間

*接続 USB、Wi-Fi(充電時のみ)Bluetooth(リモコン)

*本体色 ブラック・ホワイト・レッド

*価格 $199

 

撮影は本体をダブルタップすることで、手動でも可能。

暗い所(ポケットの中など)や、裏返してレンズ部分を伏せるとOFFになる。

写真はクラウドサービスへアップロードしスマホアプリで写真を見たり、SNS共有も行える。旧モデルはUSB接続からPC経由でしかアップロードできなかったのが、 充電時のみではあるがWi-Fiで自動アップロードができるようになった。これはいい。

実に使ってみたい。どんな写真が撮れているかワクワクするだろう。旅行はもちろん日常の中にも思いがけない一枚を見つけることができそうだ。

Narrative 

The World's Most Wearable HD Video Camera - Narrative Clip 2

 

 

 

 

戦場で夏休みを過ごした家族

私がライフスライスカメラを知った本、「イラクりょこう日記」は、2003年7月26日から8月9日までのイラクへの家族旅行を記した本だ。

小学生の娘と旅するからには、グルメや単なる観光というわけにはいかない。そんなものは、年をとってからでいい。若いうちは、何か吸収できる旅にしないと、もったいない。

  • イラクりょこう日記 より
  • 作者: よしおかふみ,吉岡逸夫,吉岡詠美子 出版社/メーカー: エクスナレッジ

 

元新聞カメラマンの奥さんの言葉である。新聞記者の旦那さんと、7歳の娘さんの3人での旅行だった。きっとたくさんのことを、この旅行で吸収したのだと思う。

この本の面白さは、報道と現場のギャップ、戦争の惨劇ばかりを切り取った報道とは違い、事実を事実として伝えているところだ。もちろん爆撃によって破壊された建物や生々しい血の痕が残る写真もあったが、そればかりではないイラクの日常も見ることができる。

この本も、カメラと合わせて紹介させてほしい。

 

イラクりょこう日記―家族ですごした「戦場」の夏休み

イラクりょこう日記―家族ですごした「戦場」の夏休み

 

 

 久しぶりに見た本の中の写真。案の定、Narrative Clip2欲しい熱に侵されている。