読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


モハメド・アリ氏の「muhammad」という名前が気になる。

イスラム 中東・アフリカ

محمد muhammad という名前。

 

モハメド・アリ氏が亡くなった。ボクシングには興味がないものの、それでも有名なボクサーの名前だということは知っている。偉大なボクサーであったに違いない。心よりお悔み申し上げます。

 

彼はイスラムに改宗し、ムスリムイスラム教徒)となった。

彼の名前、モハメド(muhammad)について。muhammadは、イスラムの預言者の名前であり、ムハンマドと同じである。(もともとアラビア語の名前なので、ローマ字やカタカナ表記になると違ってきたということだと思う。)それゆえに、ムスリムにはムハンマドという名前が大人気である。ムハンマドさんだらけなのだ。

 

f:id:tokiwoirodoru:20160605224118p:plain

 

例えば、長年エジプトの大統領であったムバーラク氏。彼の名前も、ムハンマドだ。

ムハンマド ホスニー ムバーラク

エジプト人の名前の構成は、自分の名前 お父さんの名前 おじいさんの名前 名字

(おじいさんの次は、ひいおじいさんと続く人も。)

よって、ムハンマドがムバーラク元大統領の名前、ホスニーはお父さんの名前、ムバーラクは名字だ。おじいさんの名前は入っていない。

 

ムバーラク氏の後に、エジプト大統領になったのが、ムルシー氏である。彼の名前もムハンマドなのだが驚くことに、

ムハンマド ムハンマド ムルシー イーサー エル=アイヤート である。長い。

すでに、一人の名前の中にムハンマドが2回出てくる。そう、構成としてはこうだ。最初のムハンマドが、ムルシー氏の名前、2番目のムハンマドがお父さんの名前、ムルシーはおじいさんの名前、イーサーはひいおじいさんの名前、エル=アイヤートが名字なのだ。

これだけ見ても、ムハンマドさんが多いということはすぐにわかるだろう。

 

気になること ②

ただ、この名前でさらに気になることが出てきてしまった。

ムルシーはおじいさんの名前なのだ。おかしいではないか、自分の名前でも名字でもない名前で呼ばれるのは。もしかして、エジプトでは違う呼ばれ方をしているのだろうか。いや違うらしい。エジプトでもムルシーで通るらしい。

なぜなのか?

ムハンマドは多すぎる名前なので、ムハンマドを飛ばした。

名字は長すぎて言いにくいからやめた。

こんな感じの理由で、ムルシーと世間では呼んでいるらしい。このあたりもエジプト人らしくていい。

 

話しはそれてしまったが、とにかく muhammadさんはたくさんいる、という話。