読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる


冷凍庫を陣取っていいのは、業務スーパーで買えるコレ!

安い・早い・うまい三拍子そろっているかは重要なポイントであるが、それを満たすおすすめの食材を紹介しよう。ズバリ、「ゆで冷凍讃岐うどん」だ。

 

肉食目ネコ科などと名乗ってはいるものの、実は肉よりうどんが好きなのだ。

安い・早い・うまいうどんに心を奪われている人が多いということは、サービスエリアのテーブルを見渡せば一目瞭然である。私もその一人だ。

ただ、度々ハイウェイを走る予定はないと思うので、今日は業務スーパーまで走っていただきたい。そして冷凍庫にはこれを常備することをおすすめする。

 

業務スーパーのうどんは、あの願いを叶えてくれる?

 

さっそく業務スーパーまで走っていただき、冷凍庫をのぞいてほしい。何種類かの冷凍讃岐うどんが並んでいる眩いコーナーがあるはずだ。

ここで間違ってはいけない。購入するのは、あくまでも「大盛」である。あなたにも経験があるだろう。最後の1本をすすった後のあの虚しさを。そして心の中でつぶやくのだ。

もう少し食べたい・・

そうならないためにも「大盛」を購入する必要がある。買い物メモには “うどん大” と書いていけば安心だ。

 

f:id:tokiwoirodoru:20160512214505j:plain

 

本当に安いのか

 

よく見かける冷凍讃岐うどん“カト〇〇”と比較してみる。

今、〇〇にパンと入れたあなた、それは食べてはいけない。

 

カト〇〇

価格:5個入り 301円税込み(近所のスーパー価格)

1個あたり 180g である。

 

業務スーパー(大盛)

価格:5個入り 178円税込み(近所の業務スーパー価格)

1個あたり 225g である。

 

これで安いということは証明できたのではないか。

 

材料をそろえる

 

今日は「ツナおろしうどん」といこう。

 

一人前(材料)

業務スーパー冷凍讃岐うどん(大盛り) 1個

ツナ缶 1/3~半分

大根 太いほう1.5~2センチ

マヨネーズ

しょうゆ

きざみのり あればなおよろし

 

 

さっそく作ってみる

 

ツナおろしスパゲッティなら食べたことがあるだろうか。

ここでは、うどんで作る「ツナおろしうどん」を紹介する。なぜか?それはうどんが好きだからである。

そして、早い。スパゲッティだったとしよう。有名な〇ポロで、茹で時間は7分~細いので3分である。

今、〇にアを入れたあなた、それは茹でてはいけない。

業務スーパー冷凍讃岐うどん(大盛)は1~1.5分程度の茹で時間でよいのだ。やはり早い。

 

1、大根は1.5~2センチにカットし皮をむく。おろし器で大根おろしにする。

2、ツナ缶の1/3~半分程度は、油をきり、マヨネーズであえる。

3、沸騰したお湯でうどんを1~1.5分程度茹でる。

4、お湯をきり、うどんをお皿に盛る。

5、うどんの上に、2のツナをのせる。

6、その上に水分をしぼった大根おろしをのせる。

(あまりしぼり過ぎても美味しくないので、水分も適度に残す)

7、大根おろしの上から醤油をかける。

(ここは、めんつゆのような生ぬるいものではダメだ。ガツンとパンチのある醤油をぶっかけるのだ!)

8、きざみのりがあれば、散らす。

 

f:id:tokiwoirodoru:20160512214222j:plain

 

食べる

 

ツナ、マヨネーズ、大根おろし、醤油。あなたは、この組み合わせの美味しさを知っているだろうか。どれが欠けてもいけない。

ツナの油にマヨネーズ。カロリーのことなど忘れよう。そう、忘れるのだ、今だけは。

美味しい!美味しすぎる!しかも大盛りだ!

 

だが、幸せな時間は長くは続かない。

最後の1本をすする。

 

 

「もう少し食べたい・・・・」